--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年03月01日 (日) | 編集 |
sIMG_6405.jpg
こんにちは。『筆跡のサカイ』です。
筆跡心理あれこれ第35回目です。

線の性質についてお話をしています。
今日は長い縦線が湾曲する書き方の人の人物像に
ついてお話をします。

本来真っ直ぐ書く線が曲がってしまうのは、人と違った
ことをやりたい心理の表れとか、字をデザインしたいと
いう気持ちの表れのようです。

私も高校生の時に、自分の名前を個性的に書けないかと
思い、いろいろ工夫したりしていました。
気に入った字が出来ず途中でやめてしまいましたが、
現在筆跡診断士として診断をすると、結構湾曲の字を書く
人はいらっしゃいます。

芸術性がある人が多いですね。先日診断した人はダンスを
やっていると言われました。
感性がある上に技巧が加わっていると言えます。

今日は3月1日、雨の一日で寒いですね。暖かくして過ごしましょう。

今日はここまで、また明日お会いしましょう。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。