--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年02月27日 (金) | 編集 |
sIMG_6401.jpg
こんにちは。『筆跡のサカイ』です。
筆跡心理あれこれ第33回目です。

線の性質についてお話をしています。
今日は連綿(線と線がつながる)線でもデリケートな細いつながり
線を書く人の人物像についてお話しをします。

神経がこまやか。
神経質な面もあるようです。
優美志向で美にふけり楽しむタイプでしょう。

平安時代のひらがなはこのように細いデリケートな連綿線を書いて
いたのだそうです。

書道展などに行くと展示されていますが、筆跡診断ではまれに
ですがこのような字を書かれる人がいます。
その人は書道をやっておられました。とても気品のある繊細な方
でした。

そんなことを思い出しながら、
今日はここまで、また明日お会いしましょう。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。