--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年02月18日 (水) | 編集 |
sIMG_6299.jpg
こんにちは、『筆跡のサカイ』です。
筆跡心理あれこれ第24回目です。

文字の中の空間の特徴をお話ししています。

昨日は大きな空間についてお話ししました。
今日は閉じた空間を小さく書く人の人物像についてお話しします。
閉じた空間はエネルギーの大小を意味します。

小さい空間ですから内部のエネルギーも小さいということになります。
急に小さくなったりすることもあります。そのような時は
心身のどこかに変調があったりします。一つの心身不調のバロメーター
としてみることが出来ます。

常日頃小さく書く人は、品のある知性派とも言えます。
また小さいからなんだか弱弱しく感じられるかも知れませんが、
ピリッとした引き締まった感じの人かも知れません。

年齢の進んで行くと次第にこの空間が小さくなる傾向です。
自分が外部(社会)とうまく調和して行っている証拠のようです。
つまり老成ということなんでしょう。

私はまだ逆らって大きく書いている方かな。頑張ります!

寒い一日になりましたね。暖かくしてお過ごしください。
それでは今日はここまで、また明日お会いしましょう。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。