--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年02月16日 (月) | 編集 |
sIMG_6291.jpg
おはようございます。『筆跡のサカイ』です。
筆跡心理あれこれ第22回目です。

文字の中の空間の特徴を見て行きましょう。

今日は線と線の間の等間隔に書く人の人物像
についてお話しします。

すっきり、整った感じがしますね。
等間隔に書くには器用さも必要です。
また冷静で論理性が優れているのですね。

昨日私は以前非等間隔に書いていたと言いました。
筆跡の勉強をはじめて、この等間隔の字に憧れました。
練習をして今ではいつも等間隔に自然に書けるように
なりました。
私が筆跡を学び出したのは、現役の勤め人でした。
会社要望で品質管理を担当するようになったり、
ISO認証取得などの仕事に携わるようになり、ますます
論理の人にのめり込んでいったような気がします。

今では良い思い出となっていますが、もっと自分の自由性を
取り入れなければと思っています。

今日も1日良い日をお過ごしください。
今日はここまで、また明日お会いしましょう。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。