--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年05月15日 (金) | 編集 |
sIMG_7740.jpg
こんにちは。『筆跡のサカイ』です。

筆跡心理あれこれ第103回目です。
筆跡で相性を見ようをお話ししています。

今日は第6回目で、ヘンとツクリの間の広さで相性を
見てみましょう。
画像をご覧ください。

【両方ともヘンとツクリの間が広い:A】
・ヘンとツクリの間が広い人は、心が広く、器も大きく、
 包容力も大きい。
 この特徴を持った両者なので、大変寛大でお互いを
 認め合う相性がとても良い。

【ヘンとツクリの間が広い:Aと狭い:B】
・ヘンとツクリの間が狭い:Bは、他の人に惑わされることなく
 自分の世界に取り組むような性格の人が多く、閉鎖的な
 面がありますが、心の広い寛大なAがしっかり受け止めて
 相性は普通です。

【両方ともヘンとツクリの間が狭い:B】
・両方とも心が狭く、自分の世界を大事にし過ぎて、
 相性は良くない。

筆跡診断をしているとヘンとツクリの間が非常に狭い人が
います。その人に広く書いた見本を見せて、真似て書いて
もらうのですが、どうしても書けないという人がいらっしゃいます。
広くするとなんでも抜けて行ってしまうようで逆に不安になるなど
と答えられます。
そのような人は是非ヘンとツクリの間の広い人をお相手になさる方が
良いですね。

今日はここまで、またお会いしましょう。
 
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。