--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年04月13日 (月) | 編集 |
sIMG_7011.jpg
こんばんは。『筆跡のサカイ』です。
筆跡心理あれこれ第78回目です。

ハガキの書き方で何が分かるの?をお話ししています。
今日は第10回目で、行がぶれる書き方です。

行の字の並びがほとんど一字ごとにぶれる書き方です。
バラバラの感じを受けます。

・注意力散漫で不安定な印象を受けます。
・気が散りやすく、落ち着きがありません。
・神経が繊細です。
・衝動的に行動する傾向があります。

筆跡診断ではこの特徴が顕著に表れる人はそう多くは
ありません。このような傾向がある人には罫線の上に
字を書くように奨めています。

次のことを試してみてください。
罫線の上に字を書く。
罫線と罫線の間に字を書く。
多少でもぶれる字を書く人はこの方法で確認することが
出来ます。是非試してみてください。

今日はここまで、また明日お会いしましょう。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。