--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年03月28日 (土) | 編集 |
sIMG_6642.jpg
こんばんは。『筆跡のサカイ』です。
筆跡心理あれこれ第62回目です。

今日は縦線の下部の長さで何が分かるの*をお話しします。

「都」の字です。
縦書きの文化全盛時代は、縦線の下部を長めに書くのは普通でしたが、
横書きが多くなった昨今では短くなっています。下の字と干渉するので、
気を付けるようになったのです。

縦でも横でも極めて長く書く人は
・モチベーションが高い人です。
・相当の頑張り屋さんです。
・決してあきらめようとはしない人です。
このように意欲満々のひとに多いです。

極めて短く人は、
・あきらめが早い人です。
・粘りがない。
・もう少し頑張れば達成できたのにというような人。

私も実は長い方です。いつも何とかしなけりゃというタイプです。
ある時、もうこれ以上頑張りようがないと思った時、ノートに
自分の想いを書きとめたことがあります。
その時は想いを込めて、縦線に下部を思いっきり長く書き、おまけに
はねまで付けました。
これでもか!これでもか!言う必死の想いが書かせたのだと思います。

今日はここまで、また明日お会いしましょう。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。