--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年04月26日 (日) | 編集 |
sIMG_7130.jpg  sIMG_7131.jpg
こんばんは。『筆跡のサカイ』です。
筆跡心理あれこれ第90回目です。

今日も前回に続きアスリートの筆跡の紹介をします。

全日本女子バレーのエース「木村沙織」さんです。

私はずっと前から彼女のだいファンです。

【木村沙織さんの筆跡と人物像】
・根性と粘りが強い。(収筆が強い)
・冷静さと器用さを備えている。(等間隔)
・動じない。慌てない。(水平字)
・内部のエネルギーが大きい。(閉じた空間が大きい)
・度量がある(リーダータイプ)。(大きな円弧)

あくせくしたところが無く、のびのびしている。

頑張れ!頑張れ沙織!

今日はここまで、また明日お会いしましょう。
スポンサーサイト
2015年04月26日 (日) | 編集 |
   sIMG_7065.jpg
こんにちは。『筆跡のサカイ』です。
筆跡心理あれこれ第89回目です。

今日は前回に続き、アスリートの筆跡を紹介します。

2012年ロンドンオリンピックを前にして書かれた2人の
アスリートの字です。

体操の内村航平さんと女子サッカーの沢穂希さんです。

【内村航平さん】
・粘り強い。(はねが強い)
・根性がある。(収筆が強い)
・エネルギーがある。(収筆が強い)
・スペシャリストで技は芸術家の域。
 (ヘンとツクリの間が狭い。線が湾曲している)
・研究心が旺盛で向上心が強い。(右上がりが強い)

【沢穂希さん】
・エネルギーがある。(収筆が強い)
・根性がある。(収筆が強い)
・スペシャリスト。(ヘンとツクリの間が狭い)
・リーダータイプ。(頭部が長く突出)
・向上心が強い。(右上がりが強い)

お二人とも共通点が多い筆跡です。
現在でも第一人者で引っ張られています。
才能ばかりではなく、すごい努力をされていることが
筆跡からも分かります。

今日はここまで、また明日お会いしましょう。
2015年04月26日 (日) | 編集 |
sIMG_7063.jpg   sIMG_7062.jpg
こんにちは。『筆跡のサカイ』です。
筆跡心理あれこれ第88回目です。

今日はアスリートの筆跡を見てみましょう。

2012年ロンドンオリンピックの前の水泳の北島康介さんと
女子レスリングの吉田沙穂里さんの色紙に書かれた字です。

お二人とも現役のアスリートです。

お二人の人物像を筆跡から見ました。

【北島康介さん】
・頭の回転が速く、切り替えも早い。(横線の左が長い)
・エネルギーが外に強く出る。(点が外に出る)
・努力家であきらめない。(縦の線の下が長い)
・目立つ存在でスター性がある。(左払いが長い)

【芳田沙穂里さん】
・猛烈な頑張り屋でやり抜く力は途方もなく大きい。
 (右払いが長い)
・向上心が強く、努力の人。(右上がりが強い)
・断固たる決意でことにあたる人で、困難な状況でも諦めず突進する。
 (線が他の字にぶつかる)
・冷静で状況判断・分析が素早く出来る。(等間隔)

お二人ともすごいアスリートですが、字に良く特徴が
出ています。

今日はここまで、また明日お会いしましょう。
2015年04月26日 (日) | 編集 |
   sIMG_7058.jpg
こんにちは。『筆跡のサカイ』です。
筆跡心理あれこれ第87回目です。

今日は読者様からのリクエストがありましたのでお答えします。

【リクエスト】
書きグセの直し方教えて!

画像をご覧ください。
自分に一番身近な名前を筆跡心理的に良い書き方で
練習すると早く身に着きますよ。
・自分の名前
・家族の名前
・友達の名前
・好きな人の名前
・自分の住所
・自分が働いている会社の名前・職場の名前

例を書きました。
「東京都文京区湯島」をご参考に見てください。

≪心広く、明るく、いつも冷静で、粘り強く、元気で頑張れる自分≫
であるようにという思いで書いてみました。

2枚目の画像は、
私が尊敬する書道の先生に私の名前を書いて頂きました。
楷書と行書で書いてもらいました。

私の名前は大変書きにくいのだそうです。

私は書いて頂いた自分の名前をお手本にして、自分なりに
良い筆跡心理を取り入れて少しアレンジして書くように
しています。

≪心広く、明るく、出来るだけ良い結果が出るように努力し、
結果が出たらちょっと楽しもうかな≫

こんなテーマで楽しく字を書いています。

字の練習をするときは、筆で書いた字を参考にし、
良い筆跡心理を取り入れて書くことをお奨めします。
形がきれいで、自分を高める字は自分も気持ちが
良くなります。

今日はここまで、また明日お会いしましょ。
2015年04月23日 (木) | 編集 |
sIMG_7046.jpg
こんばんは。『筆跡のサカイ』です。
筆跡心理あれこれ第86回目です。

今日は字の書き方と心理についてお話しします。

『様』の字の書き方によってこれだけの分類が出来ます。
まだ他にもありますが、とりあえずこれだけにします。

12に分類、合計19個書いて観ました。
これだけの心理があり、さらにこれを組み合わせると
すごい数の心理になります。

①線と線の間隔
②左払いと右払い
③飾り点
④縦長・横広
⑤はねのあり・なし
⑥ヘンとツクリの間の広さ
⑦自分の字を自分で切る
⑧横線の左側が長い
⑨木ヘンの3,4画がズレる
⑩楷書と続け字
⑪起筆のひねり
⑫木ヘンの頭部が長い・短い

自分が書いている字がどのタイプに該当するか是非
『様』の字を書いてみてください。

スピード筆跡診断なるものをやる時は一文字だけ書いて
もらい、診断することもあります。(精度は少し落ちます。)

少し記事を書くのをさぼっていましたので、気を入れて
挽回します。

今日はここまで、また明日お会いしましょう。
2015年04月23日 (木) | 編集 |
sIMG_7045.jpg
こんばんは。『筆跡のサカイ』です。
筆跡心理あれこれ第85回目です。

ハガキの書き方で何が分かるの?をお話ししています。

今日は第17回目で、郵便番号の書き方で、枠の下にぴったり揃え、
上半分をきれいに開けて書く書き方についてお話しします。

・経理のお仕事をされているか、これまでに経理のお仕事をされた
 経歴の人はほとんどこの書き方をされます。

・すごく几帳面でルールに忠実な仕事をする人です。

・もちろん数字には強いです。

先日も正にこの書き方にぴったりの人の筆跡を診断しました。

基本的にはいい加減なことが出来ない人ですが、修正する時は
きちんとルールに従って修正されることもわきまえておられる
人です。
郵便番号を書く枠の上半分をきれいに開けるのは、記入ミスをした
時に修正の数字を書くために開けておくスペースだそうです。

きちんとルールに従うことが出来る人です。

今日はここまで、また明日お会いしましょう。


2015年04月19日 (日) | 編集 |
sIMG_7041.jpg
こんばんは。『筆跡のサカイ』です。
筆跡心理あれこれ第84回目です。

ハガキの書き方で何が分かるの?をお話ししています。

今日は第16回目で、文字の勢いが強く、長く伸びた線が他の字をとぶつかる
字を書く書き方です。

普通は、ぶつからないように気を付けるとか、避けるとかしますが、
このタイプの人は、ほとんど気にしません。

・周囲の状況にお構いなくどんどん行動する人です。
・困った時に、俺に任せろタイプで、修羅場に強い。
・エネルギーもものすごくあるので、人とぶつかっても平気です。
・自分の危うさも顧みないで突き進むので周りは心配です。
 無鉄砲なところがあるかも。

この書き方をする人は筆跡診断では良く遭遇します。
その方に悪いんですが、武勇伝を聞来ます。
すごい人もいますよ。
こんな時は筆跡診断士やってて良かったと思います。
めったに聞けない話もして頂いたこともあるんですよ。

今日はここまで、また明日お会いしましょう。
2015年04月19日 (日) | 編集 |
sIMG_7033.jpg
こんにちは。『筆跡のサカイ』です。
筆跡心理あれこれ第83回目です。

ハガキの書き方で何が分かるの?をお話ししています。

今日は第15回目で、大きな字と小さな字が混じった書き方
です。文字の大きさに大小の変化があり、メリハリのある書き方です。

・平凡はいやで、変化を好む人です。
・波瀾な生き方に憧れる人です。
・瞬発力があり、逆境に会っても、それをエネルギーに変える
 強さを持った人です。
・もしかしたら大物かも知れませんよ。

松下幸之助、長嶋茂雄さんはこのような字を書かれます。

筆跡診断でも時々遭遇します。
歳を重ねらえた人の中で人生波瀾万丈な生き方をされた
人がおられ、楽しそうにこれまでのことを話して頂きました。
このような話を聞けるのも筆跡診断士ならではですね。

今日はここまで、また明日お会いしましょう。
2015年04月19日 (日) | 編集 |

こんにちは。『筆跡のサカイ』です。
筆跡心理あれこれ第82回目です。

ハガキの書き方で何が分かるの?をお話ししています。

今日は第14回目で、どの字も活字のように大きさが揃って
いる書き方です。

・同じ大きさの字を書くのは、気分にムラガなく、一定した行動が
 取れるからです。
・気分に左右されることなくコンスタントに仕事が出来る人です。
・安心感を人に与え、信頼されます。
・いつもクールで淡々と仕事を処理することが出来る人です。

このように書く人は筆跡診断をやっていてもあまりいません。
それは、一見該当するかなと思い、定規でマス目を書いて見ると
払いがはみ出ていたり、縦線の下が長く出過ぎたりしている場合は
該当しません。

このように書く人に仕事をお願いしたら本当にきちんとやって
頂けると思います。
ちょっと固苦しいかもしれませんが。

今日はここまで、また明日お会いしましょう。
2015年04月16日 (木) | 編集 |
sIMG_7022.jpg
こんにちは。『筆跡のサカイ』です。
筆跡心理あれこれ第81回目です。

ハガキの書き方で何が分かるの?をお話ししています。

今日は第13回目で、言葉の区切りごとに字間を広く取る書き方です。
子どもの時に学校で、文節ごとに区切って書くように教わりました。
大人になってもこれを意識する人は、意味のまとまりを重視する人でしょう。

・日常行動でも節度があり、きれいにすることが好きな人です。
・整理整頓が上手な人に多いようです。
・あいまいさは余り好まないようです。

筆跡診断をしていると、時々このような書き方をする人に遭遇します。
さっそく整理整頓が上手できれい好きですねと言うと、
いいえ、散らかしっぱなしで整理整頓が出来ない方ですなんて
言われ、あれ!診断士どうしたということがあります。

もう一度しっかり筆跡を見ると、なんと自分にとって大事なところや
持ち物はきちんとしなければ気が済まない人ですねと話しをしましたら、
びっくりされて、そうですと言われました。
他の筆跡特徴との合わせ技になりますが、このような場面も結構あります。

それでは今日はここまで、また明日お会いしましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。